星のたまご 4周年記念日

今日2018年3月15日は、星のたまごが誕生して4回目のお誕生日です。
4年間という年月を楽しく歩んでこれたのは、皆さんが温かい声をかけ続けて下さったからです。
そんな感謝の思いで今日を迎えました。

そして嬉しい事に、今日のお誕生日に、星のたまごとゆかりのある幼稚園にて紙芝居公演をさせて頂いたのです。
しかも今日は、お子さんに大人気の「まねっこぴ」をお手伝いしてくれるママさん3人組も一緒です。
名付けて「星のたまごと愉快な仲間たち」による公演でした。

そのママさんたちは、明るくて、楽しくて。
別日に集まって入念なリハーサルまでして下さったのです。
息ぴったりのリズムで、「まねっこぴ」が生き生きと輝いていました。

まず初めは、年少さんのクラスで、お母様方も一緒に見て下さりました。
突然歌いだす私たちの顔を、何が始まるんだ?と
キョトンとするお子さんの姿は、本当に可愛かった♬
その後はノリノリで楽しんで頂きました。

続いて、ホールにて年中・年長さんへのお披露目です。
急遽ホールで開催することになったのに関わらず、紙芝居BOXを置くステキな台まで用意して下さった先生方。
ありがとうございました。
本当に嬉しかったです。

瞳をキラキラと輝かせながら「まねっこぴ」そして、先日受賞した作品「3粒のごはんつぶ」をお楽しみ頂きました。
静と動のハッキリとした作品のお披露目でしたが、静かに聞く時はしっかりと聞く姿勢は、本当に立派でした。

公演後、帰り際に沢山のお子さんたちがお弁当箱を見せてくれました。
次から次へとお弁当箱を持って来ては
「ご飯粒、全部食べたよ」
と、嬉しい報告をしてくれるのです。
「3粒のごはんつぶ」のメッセージが、きちんとお子さんたちに伝わっていたのです。

あぁ、なんて可愛いのでしょう。
純粋なお子さんたちの姿に触れて、紙芝居を楽しんでいる姿を目にして。
星のたまごの4周年記念日は、原点を見つめる様な心温まる1日となりました。

本当に幸せだなぁ〜

心に春風を感じながら
今日という特別な1日の事を
微笑みながら思い返すのでした。

(えみりママ著)