あかちゃんひろば with スティールパン

今日は並木公民館で行われた0歳から1歳半位の親子の交流の場である「あかちゃんひろば」にて、紙芝居をお披露目しました。

 

嬉しいことに、スティールパン奏者でいらっしゃる、伊澤陽一さんも来て下さることになりました。

昨年の夏、伊澤さん率いる WAIWAI STEAL BAND さんが「並木街の音楽会」と題して行われた公演に、星のたまごはゲスト出演をさせて頂きました。

今日は星のたまごが2歳になるお誕生日です。

伊澤さんとの再演を待ち望んでいた私たちにとって、今日はスペシャルなバースデー紙芝居公演です。

 

会場を見渡すと、小さなあかちゃんたちがご機嫌な様子で集まっていました。

ねんねのあかちゃんもいれば、お座りしているあかちゃん。

もう歩けるあかちゃんも来てくれました。

こんなに沢山のあかちゃんに会うのは、とても久しぶりです。

みんな本当に可愛い。

これからどんな風に成長するんだろう、

成長の速度は違っても、大丈夫。

立派なお兄ちゃん・お姉ちゃんになっていくのは、間違いないんですもの。

 

瞳をそらさずに、真っ直ぐに見つるあかちゃんの瞳は、どんな宝石よりも輝いていて美しい。

その美しい瞳に見つめられて、「まねっこぴ」から始まった紙芝居公演は、終始和やかに、ママさんたちの心に沁みこんでいる様に感じました。

 

大勢の方が集まる場所で、特に音楽を聴くコンサートでは、小さい我が子がいつ騒ぎ出すか、泣いてしまうか、正直母として気が気ではありません。

今日の紙芝居公演は、あかちゃんが主役の舞台です。

泣いたり、騒いだりしても大丈夫。

そんな安心感が、ママの心を癒し、あかちゃんにも通じているように感じました。

 

最後は伊澤さんの奏でる素敵な音色に身も心も委ねながら、会場全体が優しさに包まれてお開きとなりました。

 

星のたまごの2歳のお誕生日に、素敵なメッセージをお寄せ頂きありがとうございました。

今日の日を最高に素敵な公演で終えることができ、心は幸せ色に染まりました。

星のたまごの3歳のお誕生日は、どんなことをしているんだろう。

今から楽しみです。

 

(えみりママ 著)