「ひまわり幼稚園」での紙芝居公演

晴れ渡る青空が心地よい今日は、ひまわり幼稚園にて、紙芝居公演でした。

ここでずっと過ごせたら幸せだなぁと感じる様な、木のあたたかな温もりに包まれた素敵なお部屋で、

さぁ紙芝居のはじまり、はじまり~

 

今日は3作品をお披露目しましたが、やっぱりちびっこたちに人気が高いのは、「まねっこぴ」です。

紙芝居と一緒に動きながら、時にはママと顔を見合わせながら、溢れる笑顔を見せてくれた小さなお友達。

何度かリピートした後で、それでもまだやりたい!

の、嬉しい声を聴かせてくれました。

 

ママさんたちも終始笑顔で紙芝居を見つめて下さり、楽しんで下さっている様子でした。

星のたまごの紙芝居はお子さんたちと一緒に、大人の皆様にも楽しんで頂きたいと思い、公演をしています。

育児と家事で慌ただしい毎日の中で、少しでもホッとした空間をご一緒できたら、これ以上嬉しいことはありません。

 

そんなママさんたちから、お声を寄せて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

 

「普段はなかなか紙芝居を聴く機会がないので、新鮮でした。

子どもより、私の方が聞き入ってしまいました。」

 

「子どもたちが一緒に楽しめる紙芝居は、良かったです。

子どもと一緒に体を動かしてできたのも、面白かったです。

紙芝居ボックスは温かみがあって、素敵でした。」

 

「お米のお話はとてもわかりやすいと思うので、是非年長さんにも読んで聞かせてあげたいです。2歳の娘にはまだ内容は難しかったですが、親の私には良いお話でした。」

 

「1歳2か月の娘も、まねっこぴの紙芝居を楽しんでいました。家でもやってみようと思います。」

 

「とても聞きやすい声で、聞いていて心地よかったです。まだ子どもは本に興味を持っていないですが、徐々に読むこと、聞くことに興味を持ってもらえたらと思います。」

 

沢山のお声を寄せて頂き、本当にありがとうございました。

わたしたちも、皆様にお披露目させて頂き、とても幸せでした。

またお目にかかれる日を、楽しみにしています☆

 

(えみりママ著)