2015年

7月

07日

七夕の日にFMチャッピーに出演しました☆

南国に住む祖父母の元へ向かう日は、曇り空が広がっていました。

子供の頃のことです。


飛行機が離陸し、ほどなくして機体は雲に包まれました。

暫くすると、厚い雲を突き抜けて、目に飛び込んできた景色。

それは一点の曇りもない、今までに見たことのない程、澄んだ青空。


私は「世紀の発見」をした様な気持ちになりました・・・

どんな時も、頭上には青空が広がっている、と。


7月7日七夕の日の今日、地上は曇り時々雨でした。

でも、雲の先には美しき天の川が広がり、織姫様と彦星様は再会を喜んだことでしょう。

そんな素敵な日、私たちはラジオ出演の日でした。

今日のお披露目作品は、「うどんくんの悲しい気持ち」でした。

 

星のたまごファミリーとしてお馴染みの、安純子さんが絵を手掛けて下さりました。

安さんといえば、「さくらとほたる」や「真夜中の幽霊電車」で、繊細で柔らかなタッチの絵が印象的だと思います。

 

今回の「うどんくん」は、前作とは違った手法でコミカルに描かれ、見ている方を楽しませてくれます。「さくらとほたる」を見たことがある方は、同じ画家さんが描いたとは思われないかもしれませんね。

クスッと笑ってしまうような物語なので、絵もその内容に添って描いて下さっています。

是非、皆様に見て頂きたいな。

 

近い将来、紙芝居公演でお披露目する日を楽しみにしています☆

 

紙芝居公演と違って、ラジオ放送はどんな方が聴いて下さっているのかしら。

それは、気になるところです。

午後のゆっくりとした一時、お家の中や、移動中の車内で。

また、職場で作業されながらラジオをお楽しみ頂いている場合もあるかもしれませんね。

 

聴いて下さった方の心に、今日も「何か」を届けることができていたらいいな。

そんな思いで、今日もラジオ放送を終えました。

 

 

(えみりママ 著)