2015年

6月

02日

6月のFMチャッピー☆

6月に入り、一年の折り返し地点になりました。一年はこんなに早かったかしら?

年々、人生時計が早く進んでいる気がします。それはきっと、充実した毎日を送っているから。そして、人生の経験を重ねたことによって起こる現象なのでしょうね。

 

さて、今日は6月のラジオ出演の日でした。皆様には「さくらとホタル」をお楽しみ頂きました。いかがでしたでしょうか?

 

さとみママが幼少の頃、ホタルが飛び交う程の美しい大自然の中で育ったことは、以前のブログでもご紹介しました。ちょうど今日、写真を見せてもらいました。自宅の庭に川が流れていたり、見渡す限り建築物のない自然豊かな景色に、ため息がでる程でした。

 

さとみママとは反対に、私はいわゆる「都会っ子」。公園以外の所で、友達と自然に触れて遊ぶ機会は、ほとんどありませんでした。

そう、ホタルを初めて見たのも、大人になってからです。

そんなこともあり、都会は大好きですが、大自然には大きな、大きな憧れがあります。

 

今住んでいる所沢は、街中のいたる所に緑が溢れる、自然に恵まれた街。そして電車に30分ゆられると、都内に行くことができます。

そんな調和のとれた住みやすい所沢で、さとみママと出会い、星のたまごは誕生しました。

 

「さくらとホタル」は、さとみママだから書くことのできた作品だと思っています。自然を守る覚悟、決めたことを諦めずに貫く芯の強さを、私はこの作品から感じました。

皆さんの心には、どの様に届いたのかしら?

 

機会があったら、是非紙芝居を見に来て下さいね。安純子さんの描いて下さった、繊細で美しい絵と一緒にお楽しみ頂ける日を楽しみにしています。

 

(えみりママ 著)