2015年

3月

03日

12回目のラジオ出演

お雛祭りの今日は、私たち星のたまごのラジオ出演が12回目を迎える日です。思いがけずラジオのお話を頂いてから、ちょうど一年が経ちます。


今日は多くの方からの応援を頂き、星のたまごとしての活動を続けることができた感謝の気持ちと。

ラジオが始まってから一年が経つ、という感慨深さに包まれて、いつもより一時間も早くスタジオに着きました。


さとみママと打ち合わせをしながら昼食をとっていると・・・

先月開催されたイベント・ひだまりぽけっとに、初めて紙芝居を見に来られたママさんがいらっしゃいました。公演後も会場に残り、作品集を見ながら、あの作品も見たい、この作品も見たいと、初対面の私たちに嬉しい声を届けて下さったママさんです。

今日は紙芝居を見る為に、足もとの悪い中、二人のお子さんを連れて来て下さったのです。なんて、嬉しいことでしょう!しかも「たからもの」は、その公演で一度見て頂いている作品なのに。感動がとまりません。


そして、スタジオ入りしてから紙芝居の準備をしていると・・・

星のたまごを、いつも温かな笑顔と言葉で応援して下さるママさんの姿を発見!

私は目を疑いました。だって、そのママさん。午前中はお仕事をされていたはず。

急いで駆けつけて下さったこと。その後の予定もたくさん入っていたのに、時間を割いて来て下さったことを、後から知りました。


こうして12回目のラジオ出演は、温かい真心こもった応援を全身で感じながら、無事に終えることができました。今日お聴き頂いた「たからもの」は、皆さんの心にどのように届きましたか?幼いころの家族旅行を思い出したり、お子さんとの旅行を思い出しました、という声も届きました。


今回絵を担当して下さったのは、「はぎれ物語」で製作リーダーを務めて下さった、イラストレーターの天野麻衣さんです。一枚一枚の絵から、わくわく感があふれでるような、楽しさがいっぱい詰まっている絵を描いて下さいました。どのシーンをとって見ても、大切に描いて下さったことを感じずにはいられません。そして作品に多くの愛情を注いで下さったことが、見る方の心を感動で包みゆくと思感じています。天野さん、お引き受け下さり、本当にありがとうございました。


長い冬を経て、春の足音が少しづつ聞こえてきました。一年で一番寒い2月に、寒さに耐えて可憐な花を咲かせる梅の花を見ると、思わず自転車を止めて写真を撮るのは、私だけではないと思います(笑)

旅に出るには、とてもいい季節の到来です。「たからもの」を聴いて旅に出たくなった方。そして実際に旅に行かれた方は、感想をお寄せ頂けたら嬉しいです。


来月のラジオは、4月7日(火)13時10分ころからです。

「いちご畑のへび」という物語の世界に、皆様をお連れします。

どうぞ、お楽しみに。


(えみりママ著)