6月19日 えみりママhouseで紙芝居

今日はえみりママhouseで、ご近所さんをお招きして「さくらとホタル」をご披露しました。気心知れたご近所さんたちに、初の紙芝居です。応援を心いっぱいに浴びて、さぁ、お話のはじまり、はじまり~。

お話にじっくりと耳を傾けながら、紙芝居をめくる度に「わぁ~綺麗!」とつぶやく声が聞こえました。少人数なので、近くで見て頂けたことも良かったのかも知れませんね。大人になって紙芝居を見るチャンスって、滅多にないですもの。ほんの一時でも日常を離れ、物語の世界に旅をしてもらえたら・・・こんなに嬉しいことはありません。

今月は多くの公演に恵まれ、今日で5回目。6月締めくくりとなる紙芝居は、聞いて下さったご近所さんたちの心に届いたと、さとみママもえみりママも信じています。

そして夜には、世界が絶賛する、コロラトゥーラ・ソプラノの歌姫のオペラを聴きに行きました。オペラを聴くなんて、学生の時以来かしら。コンサートが始まり、歌い手と聴き手にあった距離も、プログラムが進むにすれて少しづつ近づいていき・・・終わる頃には、会場が一体となっていくのを肌で感じ、胸の高鳴りは終演後もずっと続きました。

 

朗読担当のえみりママとしては、いつかこんな風に、聴いて下さる方と一体となれる朗読ができたらなぁと。世界的なプロの歌い手さんを見て、そんな大きな夢を抱いた一夜となりました。

 

えみりママ著

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。