2014年

6月

12日

幼稚園で紙芝居公演をしました☆

6月12日(木)私達の子供が通う幼稚園にて、

紙芝居公演をさせて頂きました。

まさか、このような機会を与えて頂けるとは

夢にも思っていませんでしたので、

夢の舞台とはまさにこの事でした。

 

園長先生の素敵な計らいで、

 

第1部を年長組の皆さんへ30分

第2部を年少組&年中組の皆さんへ30分

 

全園児の皆さんと先生方に紙芝居を見て頂く事が出来ました!

私たちにとって、今までにない大舞台となりました☆

 

演目は

1.お星さまの涙

2.さくらとほたる

3.イチゴ畑の蛇

を披露させて頂きました

 

開演前、緊張がピークに達しましたが、

それでも、お手伝いで来てくださった 「さよママ」と、「ちやこママ」に緊張をほぐしてもらったり、多方面からサポートをしてもらい、本番を何とか終える事が出来ました!持つべきものは信頼できる友だな~と感じずにはいられない一日でした。本当にこのお二人には助けられました。

 

そして、準備にご協力下さった先生方にも感謝の気持ちでいっぱいです。

自分たちだけではなしえない、周りのご協力あってこその一日でした。

 

公演中は、子供たちが問いかけに必ず反応してくれた事がとても嬉しく、

一体感を感じ場の空気に温かさがあり、なんとも心地の良い公演でした。

また、小さな子供たちには、少し難しい内容のお話でしたが、

演じる側とそれを見る側との温度差があまり感じられず

紙芝居に見入ってくれていると感じる事も出来ました。

 

今回の公演を終えて、小さな子供たちの為にお話を創りたいな~。

小さな子供たち向けの紙芝居ができたらな。と思ってしまいました。

 

そうは言っても私自身、ちょっと上の年齢のお話を創る方に向いているのかなと思ってはいるのですが…。

 

今回の幼稚園紙芝居公演に駆けつけて下さった、画家の安純子さん、

そして、齋藤聡美ママにも感謝です。

 

そして、なんと言っても私たちを受け入れて下さった、

幼稚園の園長先生には、なんと言ったら良いのか言葉が

見つかりません。

 

感謝を忘れずにこれからも、前に進んで行こうと思います。

そして良いお話を沢山書く事で、このご恩返しがいつか出来たら

と思っています。

 

(さとみママ著)